こだわりの新築の家

広告代理店の職種について

広告代理店の職種について

広告代理店の仕事は、営業部門・マーケティング部門・クリエイティブ部門と、大まかに三つの部門に分けられます。
ここから広告代理店 東京←このサイト
まず営業部門ですが、ここでは直接クライアントとの打ち合わせ等を行ったり、企画全体の進行・スタッフ管理等を行います。クライアントとのやり取りも一番多く、企業の顔ともなる役割です。
詳細を見る→広告代理店 千葉ご相談ください。
次にマーケティング部門、ここは、どうすればより効果のある広告を制作できるか、と言う分析を行う部門です。市場調査だけでなく競合会社の調査等からも広告戦略を打ち立てる、言わば広告代理店の『頭脳』です。
知りたい方はジーベックで検索。
最後にクリエイティブ部門、その名の通り広告そのものを制作します。マーケティング部門の行った調査データを元に、主にアートディレクターがイメージを作り出し、デザイナーやコピーライター等が最後のアウトプットを行います。
オススメのサイトはサジェスト 削除←←
会社によっては、子会社や他の制作会社に制作発注をします。
このように、営業部門でインプットを、マーケティング部門で分析・処理を、そして最後にクリエイティブ部門でアウトプットする事で広告は完成します。
まずはオンラインストレージ探しておこう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ